田舎の家へ

Aさんの旅行案内2日目はホテルをゆっくりチェックアウトしていただいて田舎の家へ。
ところで、今回Aさんの宿泊していたホテルはピンナワラだったんですが、実はこのホテル、ゾウの水浴びの様子がホテルから見えるんですよ。

しかも水浴びに来たゾウがホテルの脇まで来てくれるので本来ゾウが水浴びに来るところへ行ってみる必要は全くなくて、席取りなんかをする必要ももちろんないというスペシャルな場所。

ホテルから本来の水浴びの場所に集まってる人だかりも見えるほどの近さ。
昨日は見られなかったので、今日はゆっくりチェックアウトをしていただくことで水浴びの様子もゆっくり楽しんでもらえました。
そしてAさんご夫妻の今回のスリランカ滞在でのもう一つのご希望は
ローカルなスリランカ、観光地化していない場所も見てみたい!
ということだったので、空港へ行く時間まで田舎の家で料理をしたりしながら超ローカルスリランカを体験していただくことに。
ピンナワラを出た後は素焼き製品を扱うお店に寄ったり

肉食のイグアナ、カバラヤに遭遇したりしながらゆっくり田舎の家へ。

田舎の家の隣村にあるコタウェヘラにも寄りました。

ここはポロンナルワのパラックラマサムドゥラという大きな湖を作った王様が生まれたところで、その記念に仏塔を作ろうとしたんですが、結局未完成に終わったという遺跡。
もし完成していたらスリランカ国内最大、唯一の形のものになっていたと言われているんですが、土台部分しか完成させられなかったのが残念なところです。
ここもスリランカの人たちの間では知られていても外国人はめったに来ないまだ観光地化されていない遺跡。
この時も他には誰もいなくてとても静かな遺跡でした。

そして田舎の家に到着。
お茶までの時間をゆっくりくつろいでいただいて・・・

その後いそいそと今日の夕飯作りに参加していただきました。

今晩は魚のカレーとパリップ、ゴトゥコラサンボーレ、パパダンとチリの素揚げ
というシンプルだけど思い出すだけでもおなかが空いてきそうな組み合わせ。

辛いのは平気!というお二人だったので辛さも容赦なく作ってもらってしまっていたんですが、田舎のスリランカ料理を存分に楽しんでいただいちゃいました。
夕飯を食べたらあっという間に空港へ向かう時間。
みんなで恒例の記念写真を撮って、空港へお送りしました。

本当にあっという間の2日間。
いろいろとご迷惑もお掛けしましたが、スリランカに来てくださって、田舎の家にも来てくださって、本当にありがとうございました!!
[[EE:AEAD9]][[EE:AEAD9]][[EE:AEAD9]]
でもご夫婦でこうして旅行されていることからもわかるようにとても仲睦まじくて、穏やかで、素敵なお二人でした。
いつか私もAさんご夫妻のように人生のびのびとした旅行ができるようになりたいな〜![[pict:kirakira]]
と思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました